新刊案内

 

ISBN978-4-89985-202-5

C0036 ¥1500E


本体1500円+税


NPO法人シンクキッズ代表

弁護士 後藤啓二

子どもが守られる社会に

NHK日曜討論』-「児童虐待をどう防ぐ」-のパネリストとして参加し、子どもの虐待死をなくすには児童相談所と警察との連携が必要だと訴える。

【著者略歴】

弁護士。NPO法人シンクキッズ―子ども虐待・性犯罪をなくす会代表理事。

昭和57年3月東京大学法学部卒業後、同年4月警察庁入庁。内閣法制局参事官補佐、警察庁生活安全局理事官、大阪府警察生活安全部長、愛知県警務部長、内閣参事官(安全保障・危機管理担当)等を歴任し、平成17年警察庁退職。

現在、後藤コンプライアンス法律事務所代表。国立大学法人東京医科歯科大学特命副学長(法務・コンプライアンス・地域貢献担当)、明石市、荒川区の児童相談所設立アドバイザーなどを務める。

助けを求めることさえもできず、

恐怖と苦痛に耐えている子どもたち。

【こうすれば防げた子ども虐待死】

元警察庁

キャリアの

渾身の書   

本の画像をクリックすると

AMAZONにジャンプします